コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://www.k-ikedakikaku.com/Kiyohiko/index.html

1行紹介

いろいろなことに手を出していますが、専門は生物学です。

自己紹介文

1980年代半ば、柴谷篤弘とともに構造主義生物学を始める。
1990年構造主義科学論を構築する。
専門の生物学、科学論の著書、論文以外でも,リバータリアンの立場から、さまざまなことに意見を表明し,刊行された本は単著だけでも40-50冊はあると思う(正確には数えたことないので知らない)。エッセイ、書評等は数百本は書いたと思うが、真面目に記録していないので、本当のことは知らない。
現在は『プレジデント ファミリー』誌に「池田教授のエコロジ評」というコラムを連載している。4月からは『週刊朝日』にしばらくの間コラムを連載する予定。最近書いた本のお勧めは『38億年 生物進化の旅』(新潮社)。
ブログをはじめたのはネット上をあまりにもデタラメな情報が飛び交っているので、私からも時々まともな情報を発信しないとまずいかな、と殊勝にも思ったからです。3日坊主かもしれないけどね。


興味のあること

昆虫収集の趣味を持ち、特にカミキリムシの分類には造詣が深く、日本を含む東アジアからいくつかのカミキリムシの新種を記載している。2001年に本州から発見,記載したツジヒゲナガコバネカミキリ(Tsujius itoi. K.Ikeda)は本州産のカミキリムシとしては50年ぶりの新属新種の発見であった。昆虫収集に関連する著書も多数ある。